FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料相談から法テラスに予約するまで

今日は仕事でしたが、なんだか、気持ちが少し安心しているおかげでしょうか。
能率が良かった気がします。
今まで、ずっと追い立てられていて(勿論、自業自得ですが)気もそぞろだったのだなと改めて思いました。
出がけにニコスからの電話にでましたが、法テラスにお願いしているのだというと、「そうですか。では、弁護士さんからの連絡をお待ちします。15日までは、ご指定の口座から引き落としが常にかかる状態になっていますので、お気をつけください」というとても意外な対応でした。
ポケットカードの方は、詰問口調になり、怖い気持ちになったんです。
かえって申し訳なく、罪悪感が募りました。

ところで今日は、無料相談について書いておこうと思います。
これをご覧になって、まだ追い詰められたままで行動できない方が興味がおありかもしれませんね。

無料相談については、広告などでみたことがありますが、あれはあくまで初回が無料相談で、お金がなければ、どうしようもないものだと思っていました。
けれども、いよいよ来月の支払いは無理だとはっきりした8月半ば以来、どうすればいいのかと常に自問自答していました。

1:家族に話し、助けを求める
これは論外です。家族にいえば、確かに代払いしてくれるかもしれません。けれど借金を作ったのは私なのに、家族が負担をするのは間違えてると私は思いました。(勿論、家庭の事情は様々なので、これが最適な方もおいでになると思います)それに、どうしても話せません。

2:自殺する
これは一番論外です。自殺なんて簡単にできるものじゃないんです。死のうとおもって簡単に死ねるわけはない。これは未遂を2度した人間だからこそわかります。
また、家族を悲しませたくないとおもいながら自殺という手段を選ぶのは愚の骨頂です。
これはどなたも選んではいけない結末だと思います。

3:カード会社に相談する
これは何度も考えました。けれど、相談してどうにかしてくれるものなのでしょうか。
支払い回数を増やして、一度の支払いを軽減してもらえば払えますが、それが個人の訴えで簡単に取り入れられるとは思えませんでした。

4:おまとめローンに借り換える
これは良いアイディアだと思いましたが、定収入がある程度以上ないと多重債務かかえている状態では審査が通らないと思います。実際私も楽天銀行のが落ちてしまいました。

5:法的救済をもとめる
これしかない。そう思いましたが、どうやればいいのかわかりませんでした。

知恵を借りる必要がある、そう思いました。


そうおもって、あちらこちらとネットサーフィンしていたところ、
サポートセンター総合コミュニティサロン
こちらを見つけました。
司法書士事務所や弁護士事務所ではなく、相談にのってくれるというので少し敷居が低く感じましたが、ここに電話するのも1週間以上、ダイヤルしてはやめてを繰り返したんです。
けれど8月末にようやくこちらに電話し、メールで現状をまとめたものをおくって見てもらいました。
最初、緊張のあまり、おぼつかない状態で話したのですが、根気強く話をきいてもらい、今の収入、現状を話したところ、ご自分の知っているところも当たってみるけれど、法テラスが良いのではという話だったんです。
それまで、誰にも話したことがない借金の悩みを口にする。
これはとても怖かったけれど、やってみたら、なんて楽になることかと思いました。
困っている方、踏み出すの迷ってる方は、無料相談だけ、という気持ちでもいいですから、やってみるといいと思います。そこから開けていきます。

その後、法テラスに電話することになったのですが、法テラスの場合、かなり多くの場所にありますが、必ずしも自分の住まいがある都道府県でなくともOKなようです。
私も、自分の住んでいる場所の法テラスは電車で1時間半ほどかかるのですが、隣の県ならば30分でいけるのでそちらでお世話になっています。
スポンサーサイト

面談審査

今日は、法テラスにて、面談審査を受けました。

約束された時間よりも15分早く到着し、受付にいったところ、書類をだしてくださいといわれました。
昨日持参していなかった2点です。

ゆうちょ銀行の普通口座通帳
生命保険証書

これだけでした。生命保険は払い戻し金がゼロと明記されているものだったので、すぐにOKがでました。

ちなみに、昨日提出したのが

住民票
過去3ヶ月分の給料明細
債務一覧表
援助申込書

です。
これから法テラスを利用されるご予定の方は住民票と給料明細(3ヶ月分)ゆうちょ銀行の口座は事前準備されているといいと思います。
あと、今日、届け印も必要でした。

これらを提出した後に、番号札を渡されて、待合いで座って呼ばれるのを待ちました。
10分くらい待ったあとで、部屋へと通されました。
壮年の男性と女性二人(おそらく弁護士さん)と女性スタッフ1人が中で待っていました。
女性スタッフの方は記録をとっているのか、パソコンに向かってキーボードをうっていました。

名前を確認されてから、着席し、昨日、弁護士さんとの面談で先生がかいていた書類をみながら、事実の確認がありました。
おそらく、わたしが死にそうに緊張しているのがわかったのか、先生2人が大丈夫だから、心配しないでと優しく声をかけてくださいました。かなり多重債務のことになれておられるようです。
今日は、債務整理の方法について、立て替え金について、少額管財もまだ決まったわけではなく、どうやら、過払い金とのかねあいで必要になることもあるというお話でした。それもそうなっても一括ですぐ払うという話ではないので、心配しないでということです。

私は、過払い金もある程度期待できるので、過払い金を計算する任意整理で最初勧めていき、残債次第で、自己破産にするか決めようということでした。
そして、そういう方針で、援助決定がおりました。
降りたという話をきいて、一気にどっと体から力が抜ける思いでした。
これから楽になるから、もう弁護士さんが不安なことは相談にのってくれるし、弁護士さんの影にかくれていればいいからといってもらい、涙がでそうでした。

決定が降りたあと、電話での督促にどう対応したらよいかおたずねしました。
法テラスに頼んでいます、とだけいえばいいといわれました。それで大丈夫ということです。
昨日、給料のことがなんとかなったのと同じくらいホッとできました。

そのあと、再び待合いで少しまち、別室でスタッフの女性と事務手続きをしました。
名前、住所の確認、ゆうちょ銀行の口座を口座振替申し込みに記入、届け印を捺印
3通の契約書(法テラス、弁護士さん、本人)分に名前を記入し捺印
立替金の支払いについての説明を受けました。
私は、11/15~月に一度5000円ずつゆうちょ銀行から引き落としされるようです。
これは忘れないようにきちんとしないといけません。
この援助がなければ、弁護士さんにお願いするなんて無理でした。
滞ることは絶対にしないようにします。


そして、そのあとは、弁護士さんから連絡が入るのをまつだけということでした。
通常ならば1週間ほどということです。

一人だけであってるかどうか迷走するのはどうやら終わったようですよね?
正しい方向いってますよね?
気持ちが本当に抜けた気分です。

コメントで応援してくださった方がいなければ、無理だったかもしれません。
ありがとうございました。




法テラスの相談

今日、法テラスへ行ってきました。
お会いしたのは弁護士さんでした。司法書士の先生のこともあるんでしょうか?

もっていったもので役にたったものとたたなかったものがあります。

役にたったもの

1:住民票(法テラスの援助申し込みに必要)
2:法テラスの書式2通(ネットダウンロードのもの)
3:JCBの取引履歴(先生との相談時に使用)
4:自分でまとめた債務一覧・ネットでわかる各クレジット会社の履歴
5:3ヶ月分の給料明細(法テラスの援助申し込みに必要)

相談の段階では、この5つが必要で、あとのものは使いませんでした。

あったほうがよかったもの

1:ゆうちょ銀行の普通口座通帳(法テラスの援助申し込みに必要)
2:生命保険に加入しているならば、保険証(払戻金が確認できるもの)

この二つは、あとから提出でもOKですが、必要になるようです。

くるようにといわれた時間は面談の30分前で、書類を記入したり説明をスタッフから受けた後、待ちました。この時間がとても長くて緊張が増した気がします。
ブースが5つくらいありましたが、隣の話し声は聞こえる状態でした。
それはちょっと気になりますね。
呼ばれてから部屋に入り、債務一覧表をもとに、いつからどういう用途でお金を借りて、ショッピングなどの履歴があるかも問われました。

話自体はとても事務的でした。
こちらを諭すとか、責めるということはなかったです。
淡々と、なにに使いましたかときかれるのが怖くて口ごもることが多かったです。
借りたお金の使い道はかなり聞かれました。
とにかく、てんぱっていましたし、緊張のピークだったので、問われるたびにびくびくしました。
こちらから教えていただきたいことはなかなか質問しにかったです。

本当は債権者からの電話がかかってきたら、どう対応すればよいか、とか
そういうこともお聞きしたかったのですが、実際の経緯をノートするのでほぼ時間が終わっていった感じです。
弁護士の先生からは債務整理の方法などの説明自体はありませんでした。
面談がおわった時点で、どういう方向に進みそうなのかが把握しきれてないのが不安がありました。
私が無知なためと思われます。

スタッフの人に確認したところ、やはり、現実的には自己破産の方向に進みそうです。
同時廃止か、少額管財になるか微妙だということです。
少額管財というのは財産がある人だと思っていました。わたしは何もないのですが。
過払いはありそうですが、それで一括返済にいたれるほどではないのではというお話でした。
少額管財の場合は、20万ほどの管財費用がかかるということをきいて気が遠くなりそうでした。
ここで、嘘や見栄は禁物だということで、大丈夫ですか?という問いかけには無理ですとお答えしました。
ここで出せるといって、あとから出せなかったらその方が問題になりますよね。


法テラスの場合、援助推薦というのをもらうのがまず先決なようですが、それはいただけそうです。
そこから、援助を受けられるかどうかの審査を受けるそうですが、書類よりは面談審査の方が早いということでした。また、そこではほかの弁護士さんとお話するそうです。
その面談は早速ですが、明日の午後になりました。
これはいいことなんでしょうか。それとも、どうなんでしょう。なんだかとても不安です。
一日でとんとんと安心できるわけはないと思っていましたが、こういう方向でという説明がなかったので不安はあります。
明日、しっかりときいてきたいと思います。

今月の給料の振り込みからの引き落としをとめる件は、弁護士さんにも相談したのですが、給料振り込み口座の変更を会社に頼み、口座引き落としを銀行でとめて、それでも落ちたらあきらめるしかないでしょうといわれました。そのときは、仕方ないと思いながらも肩を落とす思いだったのですが、思いもよらないところで救われました。
給料の払い込み先の変更を帰りに職場へ出しに行ったのです。それを上司が何もきかずにそれを受理してくれ、今月からそうしてほしいかと聞かれたので、できれば、とお答えしたのですが、その場で本社に電話し、できることを確認して、急ぎでFAXしてくれました。給料日まで1週間だったので無理だと思ったのですが、経理に直接頼んでくれたことで可能になったようです。
この時ばかりは、上司が、救いの神にみえました!
特になにも理由はきかないでいてくれたこと。
きわめて事務的に、けれども最速でやってくれたこと。
本当にありがたかったです。これで今月の生活費がなくなるという恐れは解放されました。
あとは、明日の審査面接をきちんとすませることですね。


それから、昨日、コメントくださった皆様、拍手でコメントいただいた方々、本当にありがとうございます。
皆様のおかげでどれほど心強かったかわかりません。ありがとうございました。

今月から家計簿をつけていますが、今日でちょうど一週間になりました

すべて現金支出です

9/1~9/7
食料品:1766円
書類代:770円(コピー代、戸籍謄本、住民票)
交通費:320円
日常雑貨代:155円
新規口座作成代:10円
お茶代(職場):60円

トータル:3081円

食料品は家にあるものをメインに使いました。
かなりきちきちに切り詰めているつもりです。
これから何があるかわからないから、できるだけ切り詰めなければ。
プロフィール

秋桜月子

Author:秋桜月子
自分の立て直し。逃げずに頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
13953位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
1144位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。