スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己破産手続き 準備1

この間の面接で、自己破産に方向性がかわりました。

それによって法テラスからお借りする金額も変更しました。
弁護士の先生から、まず、受ける援助の金額が変わるということ、それによって月々の支払い金額は変更されないが、支払い回数が変更されるという説明を受けました。
そして、その日のうちに、法テラスより電話があり、変更事実の確認と、追加援助についての説明を受けました。

今まで、任意整理を基本とした立て替えは

着手金 105000円
実費  20000円
合計  125000円

であり、それを月々5000円(手数料10円)で償還していくという形でした。

それが、自己破産になるとさらに費用が追加されて
着手金 126000円
実費  25000円
合計  151000円

ということです。
法律援助を受けないでの場合は20万~50万が弁護士の先生にお願いする相場ということですので、
大変に助けられているということがわかります。
こうして助けていただくことに感謝して、きちんと毎月15日の引き落とし前に5010円、ゆうちょにいれなければと強く思います。
これも一度に払うのではなく、月に5000円という私にもできる方法にしていただけたことで、ようやく解決の糸口をつかめたのだと思います。
もし、これをみている方で、債務整理をするのはお金がかかるから無理!と思っている方がいましたら、是非、お近くの法テラスにご相談してみることをおすすめします。収入などの制約はありますが、相談にのっていただけるはずです。

弁護士の先生との約束は3月までにお金を貯めて、申し立てを行うということです。
少額管財になるかどうかは、実際、裁判官の方の判断によるので、そのためのお金はやはりたまっていないと不安です。もしもなったとしても申し立て時に一括しなければいけないというわけではないようですが、たまっていれば安心ですよね。
3月に申し立てをするならば、書類などの取り寄せは、今から行うと、使えなくなる可能性があるということで、2月半ばころに先生に連絡をとって、相談にのっていただきながら書類を取りそろえようという段取りになってます。
ただ、それまでに、家計簿をつけること、それから陳述書を先生が書いてくださるのですが、それに記入するための下書きとして、債務ができた経緯や、理由、返済が不能になった経過をまとめてだすようにといわれています。
以前、ブログでまとめた内容をさらに詳細に、箇条書きで今日まとめておきました。
振り返れば、本当に自分の馬鹿さ加減に腹がたちます。
もし、過去に戻れるなら、ATMにカードを差し込もうとする自分の横っつらをひっぱたいて、カードを取り上げ、はさみでカードを切ってしまいたい。そう思います。
本当に、恥ずかしいです。
スポンサーサイト

第二回打ち合わせ(弁護士事務所)

今日は、弁護士事務所へ行ってきました。
先生からは、引き直し計算の結果と、今後の提案をしていただきました。
結論からいうと、任意整理ではなく、自己破産を選択するほうが良いと思うとのことでした。

まず、今の私の収入状況では、返済をするのにかなり無理があるということ。
無理をして、破綻するよりは自己破産を選択し、立て直しを図る方が今後の人生を考える上で有益ではないかということ。

第二に、ギャンブルやブランド品の買い物などの浪費がない状態できているために、裁判所はおそらくすんなり通すであろうこと。7割~8割は、基本、管財人をつけなくてよい同時廃止にもちこめるのではと思われること。

第三に、現在持病があり、その治療にあたっている現状から病状によって収入の変動があると、返済がますます厳しくなる可能性を考えた方がよいこと。

ということでした。

正直いうと、自己破産はとてもいやです。
法テラスでも、無料相談でも、自己破産について説明をうけ、それまで考えていたようにすべてを取り上げられるような罰則的なものではないということは理解しています。
だからこそ、抵抗感があります。
私がしてきただらしなさ、いたらなさをそういう風に返済をするのではなく逃げてよいのか、ということです。
それをお話したところ、病気が完治したときに自然債務という風に今の債務をとらえ、なんらかの形で社会に還元するという方法もありますよ、といわれました。
確かに、今意地をはって、できることとできないことはあります。
これをお読みになっていらっしゃる中で、返済に日々努力してらっしゃる方は逃げるのかとお思いになっても無理はない、そう思います。
けれども、今回、こういう選択をとるにあたって、自分の中で、借金というものをもう一度見つめ直し、先生がおっしゃるようにいつか、社会に必ず還元したい、そう思います。

今後の予定ですが、20万の貯金は必要かどうかはともかく、先生の方針として、返済が止まったあと、引き直し計算の間はできるだけ貯金をさせるそうなんです。
それ自体はすごく良いことですよね。わたしも、それがあったので、節制について考えることができました。
しかし、裁判所が、やはり不要な浪費と判断すれば、管財費用がかかるということなので、やはり20万は貯めきることにしましょうということです。
15万たまってきているという報告をしたところ、頑張りましたねと、過分のお褒めをいただきました。
今後、これを20万まで3月を期限にしていきましょうということです。
それをめどに、申し立てを行うということでした。
私の方でいくつか用意するようにという指示をいただいた物があります。


住民票:2月の時点で取得すること
銀行の通帳で「おまとめ」になっている分の取引履歴:銀行に依頼して取得
登記簿謄本:自宅のもの(名義は家族)法務にいき、手続き、2月の時点で取得すること
医師の診断書:2月に取得すること
去年と今年の源泉徴収票
給料明細:12月、1月、2月分
自立支援法の手帳
掛け捨ての生命保険の保険証
預金通帳:2月の申し立ての時に記帳をすませる
申し立て予納金



以上です。今の時点で用意できるものはほぼないのですが、とりあえず

倹約を引き続きして万が一に備え、20万をためておく。
先生から指示があった書式に記入しておく。
2月半ばをめどに、こちらから電話連絡をいれる

これが私が今後するべきこととして指示されたことです。
しっかりと漏れなくやらないとと思います。
落ち込んでいる場合じゃないですよね。
それに、貯金をさせてくださったり、いろいろ親身に考えてくださっているのはすごくありがたい、
そう思いました。
良い先生にサポートしていただいている、そう思います。

動き出しました

倹約生活は継続していましたが、債務整理自体は、弁護士の先生にお任せして待ちの状態でした。
9月に事務所へ伺い、受任していただいてから、1ヶ月半たちましたので、そろそろ、どうなっているかなあと気になってきていたんです。
もっとも、先生にお願いしているのは、私だけではありませんし、勿論、債務整理以外の案件で依頼している方もおいでになるでしょうから、順々にやっておられるのだろうなあと、思ってはいましたが、やはり気にはなりますよね。
昨日、仕事中に、携帯に着信があり、仕事後も家のことなどをこまごましていて、携帯チェックをしなかったのですが、22時過ぎてから、先生から電話あったんだ><;と気づきました。
今朝、9時を過ぎるのをまって、事務所に電話したところ、引き直し計算が一段落したということ、今後のことを改めて打ち合わせたいので、もう一度、きてほしいというお話でした。
仕事の予定と先生のご予定をすりあわせて、最短で18日でしたので、その日に予約をいれました。
やっと進展です!
任意整理できるのか、それとも自己破産を選ばざるをえないのか、そういうことも見えてくるのでしょうか。
持ち物はとくにないということでしたので、18日、伺ってよくお話を聞いてこようと思います。
過払いは発生していたのか、とか気になることしきりですが、当日までは、倹約に努める以外できることはないですね。

けれど、今度の15日が法テラスの最初の引き落としになりますし、それの前に、進展がみえたのはやはり、
ほっとしました。
どうか、良い方向へ向かいますように。

債務整理とメンタルサポート

ここのところ仕事が立て込んでいて、帰宅すればぐったりという感じでした。
季節の変わり目が急激だったので、急いで衣替えをしたりなにかとせわしないですね。
周囲の人でも、風邪をひいている人が多いですが、ご覧いただいている方は皆さんお元気でしょうか?
私は、体の方はあまり自信がないのですが、風邪だけは引きにくいです。
以前は引きやすかったのですが、毎朝、生姜はちみつを紅茶にいれて飲むようになってから、
ほとんど風邪を引かなくなりました。
200mlのはちみつに100gのしょうが(洗って、薄くスライスし、水にさらして灰汁をぬいたもの)をいれて
1週間ほど冷暗所で保存しただけのものなんですが、スプーンに1杯、紅茶にいれると甘くてぽかぽかします。
風邪をひいて、病院にかかれば1600円くらいかかりますし、仕事にも差し障るので、助かってます。

それにしても、9月はじめに法テラスへ相談してから、ほぼ一ヶ月たつんですね
9/14に弁護士の先生に受任していただいてから半月、カード会社からの連絡はぱったりと途絶えています。
書面で一度きたのですが、それはすぐに取引履歴と一緒に弁護士の先生に郵送しておきました。
返済のためにお金をひねりだすのではなく、貯めるために節約する生活も1ヶ月ですね。
引き落としができないかもしれないとびくびくするのが当たり前だったのがそれがなくなり、日常を送っているのがどこか信じられないような気さえします。
勿論、債務整理はこれからが本番。
弁護士の先生が引き直し計算をしてくださり、カード会社と過払いの交渉をしていただいたあと、
任意整理にすすめることができれば、和解にむけていくのですし、その後、決められた返済をきちんと
完済までしていくという大事なことが残っています。
けれど、それは今までの無計画無分別な状態ではありません。
今まで自業自得ではありますが、本当につらかったのだなと実感しました。

ところで、私は鬱病で通院していますが、弁護士の先生に勧められて主治医に債務整理のことを打ち明け、
精神的サポートをお願いしましたが、これは本当に良かったと思います。
もしご覧の方でこれからなさる方で、精神科に通院されている方は是非考慮されることをおすすめします。
最初の手続きのせわしなさは緊張の連続でとてもしんどかったですし、そこで主治医のサポートはやはり
貴重でした。
また、弁護士の先生との面談などの前には、主治医の指示で、安定剤などはのまないでいきました。
安定剤をのむことで、判断力や記憶力が低下する副作用がありますから、そのほうが良いだろうということです。
そういうのをきいてなければ、緊張がつらいからとかえって頓服を飲んでいたとおもいます。
また、受任してからのあと、ほっとすると楽になるんですが、鬱病などを抱えているとそのときが怖いです。
私も、9/14のあと、実は精神的にがくっと落ち込みがきました。
主治医に打ち明けていなければ、なにで、おきた変化かわからず、診断を迷わせたかもしれません。

ニコスの履歴

このブログを書き始めて以来、はじめて更新しない日に昨日はなりました。
仕事がばたついていたのもあります。

昨日、ニコスから、取引履歴の開示書類が到着しました。
ニコスは、電話をいれた時、書類を送るので返送してほしい。
返送後、1ヶ月半ほどで届けるとのことだったのですが、実際は3週間ほどで届きました。
反対に、3週間で届けるといっていたポケットカードからの到着が遅れています。

履歴については、弁護士の先生も、請求するけれど、先に請求している私への分のほうが先に到着するだろうということで、到着したら連絡をといわれていました。
ですので、お電話をしたところ、事務の方がでて、ニコスからの履歴を送ってほしいということでした。
できる限り早くしたほうがと思いましたので、昨日、夜にコンビニから郵送しました。
できることがある方がむしろいいですね。
今は節約して、次に先生から質問があったときにきちんと答えられるよう、カードの履歴をまとめたりという
ことしかできませんが。
勿論、きちんと自分がやるべきことをしていくしかないんですよね。
プロフィール

秋桜月子

Author:秋桜月子
自分の立て直し。逃げずに頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
13530位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
1070位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。