スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸金業法と自転車操業の破綻

カード依存の遍歴について、長々と書いてきました。
これが最後のまとめにするつもりです。

貸金業法という法律すら、私は知らなかったです。
カードを使い、キャッシングもしているのに、知らないということ自体がおかしいですね。
2010年6月に総量制限が実施され、クレジットカード会社から、年収の証明や他社からの借り入れ状況についての調査が入ってはじめて知りました。
その時は、もうじき借りれなくなるの!?ということだけで、きちんとした意味の把握は出来ていませんでした。
正直にいいます。
借りれるうちに借りておこう。
そう思いました。
だって、借りれるうちに借りておかなければ、支払いにすぐ困るんです。
……本当は、違いますよね。
「支払いにすぐ困る」ならば既に破綻しているということなんです。
きちんとした対策をとらなければいけません。
自分でどうすればいいか判らないなら、借金の無料相談に相談するなり、弁護士さんや司法書士の先生に
相談するなりすれば良かったんです。
この時点での借り入れは満額までいってませんから、今かかえている金額より50万ほど少なかったと思います。
けれど、そんな風に考えず、今、カードローンで借りれるだけ借りておいて、あとの返済は、なんとかしよう。
そう考えてしまったんです。
なんとかってどういう風に?…つくづく、去年の自分にそう問いたいです。
限度額まで借りてしまえば、もう後はない。先には、必ず破綻が待っています。
そんなことは冷静に考えればわかるはずなのに、判らなかったんですね……。
収入増えるかもしれないし…などと思っていました。
けれども、そんな自分の甘さをあざ笑うように、銀行の残高は毎月毎月減っていきます。
本当に、どうするつもりだったんでしょうね。
返さなくて良いという風に思っていたわけじゃないんです。
返済は絶対にしなけえばいけないから、返済日が近づけば、なにをおいても銀行にお金をいれるために
必死になっていました。
本来、きちんとしていれば総量規制など怖いはずもないんですよね…。

いずれくるのが判っていたのに、目を背け続けた破綻がやってきて、漸く、自分の恥ずかしさ、
情けなさに気づきました。
遅すぎるのかもしれません。
これだけ借金かかえたのに、本当になにに使ったのかといわれれば日常のはざまに消えていっただけ。
けれども、決めました。
もう、目を背けるのも逃げるのもやめます。
今月からはきちんと自分のしたことを見つめて逃げずに対策していきます。

このブログには今まで自分にさえ隠していたような恥ずかしいことをぶちまけてしまいました。
弁護士さんや、法テラスの面談ではここに書いたようなことは、包み隠さずお話ししました。
物凄く、自分で恥じ入る思いを味わいました。
不安でどうしようもない思いもしました。
けれど、それは自業自得で私がちゃんと味わうべきことなのだと思います。
債務整理をする上で自分にかかるものは、受け止めるべきこととして受け止めていこうと思います。

そして、無料相談で、言われたことですが、全て落ち着いて余裕がでたら、その時は
人の助けに今度は貴方がなればいいんですよ、と言われたんです。
借金をしたことは犯罪でもなんでもない、自分を責めすぎないように、とまでいってもらいました。
確かに自分を責めすぎても、病気が悪くなるだけです。
倹約は忘れず、けれど楽しむことも忘れず、そして、いつか恩返しがしたい。
今はそう思っています。
スポンサーサイト

再びカード利用をするように…

最初の破綻の後、暫くはカード自体を全く使わなくなっていました。
ちょうど、その頃、結婚話が進んでいました。学生時代から付き合っていたカレにプロポーズされて、
年齢的にもそろそろ…と思っていましたし、双方の親も賛成してくれていたので、話の進みは早かったです。
自分が恥ずかしいことをしでかしたけれど、親に助けて貰って、幸せを満喫していました。
けれど、幸せは長く続きませんでした。
結婚式場が決まりかけた時、カレが、交通事故にあい、突然、亡くなったんです。
その時のことは、あまりココでもお話しするのは勘弁してください。
自分の愚かしさや情けなさを隠すつもりはありませんが、このことは見つめるのがまだ辛いんです。

ともあれ、そのことがあったのが2月だったのですが、2月から4月までのその年の記憶がありません。
気がついたときには、病院にいました。
鬱病で、自殺未遂起こしていたらしいです。
自分のことで無責任ないい方ですが、覚えていないので…。
会社は休職扱いになっていましたが、いつ復帰できるかわからないということでやめることになりました。
同情の目でみられるのもたまらなくいやだったんです。
自分でも捻くれてるなと思いますが、なにがおこったのか知ってる人全てから離れたかったんです。


仕事をやめると失業保険が下りるのですが、自己都合と会社都合では、もらえるようになる時期が
全く違います。
会社都合ならば、やめるとすぐに失業保険がおりますが、自己都合の場合は、3ヶ月後からしか貰えません。
私はカードで破綻してますので、貯金など全くありませんでした。
実家にいるとはいえ、下着や日用品を買うお金まで親に頼むことは抵抗がありました。
本当は、今、お金がなくて、困ってるから、失業保険が下りる3ヶ月後までいくらかお金を貸して、と
両親に頼めばそれで良かったんです。
でも、いえなかった…。
大人なんだから、みっともないから?
違う、自分の見栄です。
それで、無理してでも働くなりなんなりするなら、その見栄も正統ですけれど、そうじゃなかった。
3ヶ月たてば、失業保険がはいって返せるから。
そう思って再びキャッシングしはじめました。
そうなれば、再び感覚が麻痺するのは分かり切ったことです。
まして、私は自分で責任をとっていない。
一番、繰り返しやすい状態だったのだと思います。

不運なことは確かにありましたし、鬱病で体も心も動かなくなっていたのは確かです。
けれど、社会人になってから、馬鹿なことをしないで、きちんと貯金していればなんでもなかったことです。
もっと素直になれば、助けて貰えたはずです。
なのに、やってはいけないことを繰り返した自分が本当に情けないですし、恥ずかしいです。
これは何かのせいにしていいことではないです。
100%私が悪いことだと思います。
長々と自分語りをしました。気分が悪い話も多かったと思います。
読んで下さった方、ありがとうございます。
この後は、先月まで、バカのようにカードに依存して生きてきました。
破綻が待ってることから目をひたすらに背けて、みまいとしていました。

もし、今これを偶然みている学生さんがいたら、こんな馬鹿なことをする人もいるのだと思っていいです。
けれど、学生カードをもつのはちょっとだけ待ってみて下さい。
キャッシングを数万だけはじめている人がみていて下さったら、どうか、引き返してください。
もしも、お身内、お子さんや大事な人がカードで借金だらけになっていることがわかった方がいたら、
どうか代払いはやめてください。

私も、もういい加減、きちんと自分を見つめて、自分に責任をもって生きていきたい。
そう思います。
そうしなければ、鬱病からの抜け出ることができないのだと思います。

慣れという名の麻痺から最初の破綻まで

最初、ATMでキャッシングするときは、いくらかの緊張があったような気がします。
けれど、それは本当に最初の数回で消えました。
銀行のATMで自分の口座からお金を出すのと全く変わらない感覚に陥っていったんです。
社会人一年目に覚えたキャッシングの癖はなかなか抜けませんでした。
給料日まであと数日で、欲しいものが出来た時、今考えれば、数日待てばいいだけです。
売れちゃったら、と思うなら、お店に取り置き頼めばいいですよね。
なのに、ATMにカードをいれてしまうんです。
それも、一回払いのキャッシングで、すぐに翌月返せばいいのに、カードローンなら無理なく支払えるというキャッチフレーズにのせられるように、カードローンを繰り返すようになりました。

初任給が確か17万くらいだったと思います。保険やもろもろひいた手取りが14万くらい。
自宅にいましたので、その中から4万を家にいれていました。
月々つかえる金額が10万なのだから、充分だったはずです。
なのに、カードの支払いが、JCBとぴあカード双方で、毎月5~6万には既になっていたでしょうか。
手元に残るお金は4万くらいだった覚えがあります。
足りないのは、前借りで自分がつかったせいなので、我慢してやりくりすれば良かった。
けれど、そうはならず、足りないから、カードローンで補っておこう。になっていたんです。
段々にうまってしまう限度額、減らない元金。
年利の意味もちゃんとわかっていない馬鹿な子供でした。
ショッピングも、毎月定額なら楽だからと、いつのまにか全てリボ払いにするようになりました。
リボ払いって今思えば、便利ですが、年利15%くらいでかなり取られるんですよね。
10万の買い物をすれば1年に15000円の利息を払わなければいけない。
そんなこともちゃんと判っていなかったんです。
けれど、あれはどういうタイミングなのかわかりませんが、限度額がうまりそうになると、
カード会社から、限度額引き上げのお知らせが入ったんです。2~3度あったでしょうか。
社会人になって5年もたった頃には、2枚のカードはカードローン80万、キャッシング20万、
ショッピング150万くらいのカードになってしまっていました。
今思うと怖いですよね。
年収は300万いってないんです。
なのに、限度額は2枚あわせれば500万くらいいってしまう…。
身の丈に合わない借金を簡単に抱えられる状態なんです。
なのに、あー助かった。これでまだ平気。というくらいの脳天気さでした。

その頃、なににお金を使っていたかと思い返すと、年1度の海外旅行くらいでしょうか。
車は買ったことがありませんし、洋服や装飾品も10万をこえるような高額品は購入したことがありません。
旅行だけなら、働いていたのですし、その中からコツコツためておけば充分まかなえました。
勿論、旅行といっても、そんな高いホテルやファーストクラスでいくような旅行ではなく、
エコノミークラスで、安いホテルにとまる安旅行でしたから…。
ただただ湯水のようにすり抜けてしまった感じです。

就職して6年目で、その状態は一度破綻しました。
その時は、自分で払えなくなる直前に、両親に見つかったんです。
両親は大変心配し、すぐに、払いなさいと、代払いしてくれました。娘の状態を案じてくれたのでしょう。
その時は流石に申し訳ないと思い、カードを両親に預け、一度クリーンな状態になったんです。
そのまま反省していれば良かった。本当にそう思います。
けれど、代払いというのは決してよくありません。
今でも、両親には感謝しています。けれど、あの時に私は自力で債務整理すべきだったんです。
任意整理なり、自己破産なり、自分でやる債務整理は、弁護士さんや司法書士さんという赤の他人に
自分がどれだけ愚かしいことをしたか、面と向かって告げなければいけません。
大変恥ずかしく、身の置き所がない思いもします。
不安も大きいです。
今月、それをじっくり味わいました。
そして、それが、かつて代払いで解決したときにはなかった自分の金銭感覚の異常を見つめることに
なっているという実感があります。

しかし、身内は優しいものです。両親は自分を見捨てないと信じている分、どうなっても助けて貰える。
そう安易に思ってしまうんです。
私は、代払いしてもらいながら、家計簿をつけることさえ始めませんでした。
ただ、ごめんなさいと未成年の頃のように両親に謝って助けてもらって甘えるだけ。
そこできちんと反省して、自己を厳しく見つめられる人もいるのだと思いますが、
情けないですが、私は出来ませんでした。

最初の躓き

大学卒業を間近に控えた頃、その時、契約していたJCBとぴあカードから封筒が届きました。
学生カードから、本会員への切り替え書類です。
学生カードというのは当然ですが、卒業までしか使えません。
その時点では、外資系の製造系企業に内定が決まっていましたので、内定先を記入するのはたやすいことでした。
書類を提出してから、一月くらいだったでしょうか。
簡易書留が届き、本会員のカードが手元に来ました。
ぴあカードの方は、限度額は確か、その時点では変わらず、ショッピング30万、キャッシング10万だったと思います。JCBの方が、ショッピング10万から30万へ、キャッシング5万から10万に増額されていた気がします。
単純にそれを嬉しく思ったような、大人として扱って貰えているような、そんな記憶が朧気にあります。
けれども、それは今思えば、安全弁を取り外されたということですよね。

ところが、入社をすぐ前に控えた時にトラブルがありました。
内定していた会社は外資系だったのですが、入社5日前に、内定取り消しの連絡が来たんです。
確かに不況の最中、厳しい就職状況の中でしたが、そんな馬鹿なと茫然としました。
勿論、茫然としているだけではどうにもなりませんので、急いで就職活動を再開しました。
そして、6月になんとか、就職先を見つけることができ、7月から入社できたのですが……。

実は、大学の卒業旅行の支払いをカードで分割でしていたんです。
就職は内定してるし、問題ないと思っていました。
こんなことがおこるとは全く想定していませんでした。
幾らバイトしていても、学生は学生、考えが甘い子供だったんです。
確かに、内定取り消しにならなければ、問題なく通り過ぎたのでしょう。
けれど、就職をするまでは、なんの保証もなかったんです。

そこで、正直に両親に、それを言えればことなきを得たのだと思います。
けれども、何故か、見栄を張りました。少しはバイト代の貯金があったのもあります。
けれど、8月にはじめての給与がでるまでの4ヶ月、分割払いに耐えられる分はありませんでした。
そこで、はじめてカードローンに手を出してしまったんです。
お金を借りて、支払いは1万ずつ…、支払いを先送りにして、なんとかお給料もらえるまでしのごう。
確かにそれが出来ました。
その時は、8月に最初の給料が貰えるまで、なんとかそれで乗り切りました。
出来て、味をしめてしまったんです。

その後は、ちょっと手持ちが足りないとなったときに、なら、我慢しようではなく、
カードローンで借りておこう、になってしまいました。
カードローンというのが借金だという意識はほぼなかったと思います。
ただただ便利なものというだけでした。

最初のきっかけは内定取り消しですけれど、結局は自分の認識の甘さです。
今あの時、大学卒業してすぐに戻れるなら、カードの支払いが出来ないのだと、給料を貰えるまで、
助けて欲しいと、両親に素直に頼ったと思います。
そして、キャッシングの味を覚えないようにしたい。
くだらない見栄と認識の甘さで、大学卒業したての時期に大きな躓きをしてしまいました…。

最初のカード~学生カード~

自分自身への戒めとこれから弁護士の先生と打ち合わせるときの予習をかねて、
事始めから借金の遍歴をまとめてみようと思います。
これからカードでキャッシングしてみようかなと思う方が、ご覧になって、
こういう転落もあるのだと思って頂けたら少しは役に立てるかなと思います。


私が最初にカードを作ったのは、大学2年の冬でした。
大学1年からアルバイトをはじめて、月に7万ほどバイト代を稼いでいました。
お小遣いをひいても、月々2~3万は余りましたので、貯金していたんです。
特に夏休みなどは、10万以上バイト代が入りましたので、貯金も多めに出来ました。
その中から洋服を買ったり、化粧品を買ったりもしていましたが、気づいたら30万ほど
まとまったものが出来ていたんです。
今思うと、あの頃の金銭感覚が正常だなあとつくづく思います。
大学2年の冬というと、まだ就職活動は始まっていませんし、大学自体にはすっかり慣れています。
お金もあるということで、親友と、海外旅行をしてみようかという話になりました。
ヨーロッパを10日間くらい回っても、30万あれば足りそうだということで、ツアーに参加することに
しました。
その時に、旅行会社のカウンターで、JCBの学生カードの申し込みパンフレットをもらったんです。
海外旅行保険もついていて、旅行中、不慮のことがおこっても安心というのに心引かれ、
申し込むことにしました。
その時のカードは限度額が10万、キャッシングが5万くらいだったでしょうか。
旅行の時には、何事もなく無事だったのもあり、使いませんでした。
その後、いつから、実際につかうようになったのかは記憶が曖昧です。
たまたま持ち合わせがなく、カード払いをしたのが始まりだったような気がします。
限度額が10万ですから、使いすぎることもなく、学生カード時代は、時折使いすぎて、バイト代が
貰うなり半分支払いに消えてしまった、くらいだったように思います。
キャッシングは勿論、リボ払いや、分割もそのころは使っていませんでした。

その頃、私はあるバンドのファンで、チケットとりに必死になっていたんです。
チケットはチケットぴあを利用していたのですが、窓口でぴあカードのパンフレットをみて、
このカードがあれば、一般よりチケットが取りやすいんだなあ、いいなあと思いました。
日本信販とVISAもついていて、便利そうに感じたのもあります。
学生だとだめなのかなと思ったのですが、幸か不幸か、私はバイトで月々ほぼ7万と、
学生にしては多めに稼いでいました。
それで審査は通ってしまったんです。
最初が限度額が30万、キャッシングが10万だったように思います。
学生時代にもったカードとしては、今思うと限度が大きすぎますね。
けれど、徐々にカードで払う便利さに慣れていた私には、限度額が多いのも良いことのように
思えていました。
こうして学生なのに2枚カードをもっている状態になってしまったんです。
但し、大学生だという自制はきいていたのか、学生時代はそう馬鹿な使い方はしていませんでした。

私自身を思うと、カードで借金だらけになったのは、ひとえに自己責任です。
カード会社が悪いのではないですし、他の誰かのせいでもありません。
けれど、学生時代に簡単にクレジットカードがもてるという現状はいいものではないですね。
確かに、海外旅行の時など必要な時はありますが、そういう時は、両親に頼んで、家族カードを
その時だけもたせてもらうなどの方が本人のため、という気がします。
現金以外で買い物をするという習慣が学生時代についてしまったのは、その後に大きな影響を及ぼしました。
プロフィール

秋桜月子

Author:秋桜月子
自分の立て直し。逃げずに頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
13530位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
1070位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。